明るい未来

■現在

現在働いている会社に大きな変化が現れている。
きっかけは親会社が経営に行き詰まり子会社である我々を大手代理店に10億で売りさばいた。
前の親会社は悪徳ランキングに入る程良い会社ではかったので恩義も無いからそれは良かった。が次の親会社がまたまた業界ではヤバイで評判の会社。

同じ業界の人間からは口々に残念な結果に終わったな。とNO FUTUREを叩きつけられた。

■10億

新しい親会社は10億で買ったものの、毎月5千万の赤字を算出している事に気が付き「なんじゃこりゃ!」と我社の社長を当然の如く詐欺師と呼び、なんとかしろ!と。

どうみてもなんとかならない状況なのに赤字を少しでも減らす為に大阪支社は殆どのデザイナーを出向させる動きになった。
会社には出向先の紙がハローワークの用に貼り出されていてとても惨めな状況だ。

今の会社に2年半程いるがスケールの大きい不条理なことを言いながらも全盛期は猫の手も借りたいと言う言葉が相応しい時期があり、採用しまくりでブクブクと巨大化していき日本で1番のマンパワーを持った製作会社になったのも束の間、落ちる時は一気に落ちNO FUTURE。

アホな経営陣は電波な事しか言わない支店長を採用し破滅へと加速していった。
そんな事になるのは僕でもわかるくらいアホな経営陣だった。

オハコンバンワ、ヒロックです。

当然と言えば当然だが大阪支社はこの数ヶ月で蜘蛛の子を散らす勢いで退社したり休職したりで毎月末は送別会だ。

いっそのこと「解散!」と宣言して欲しい。

■約2ヶ月

僕は何とか粘ってはいるが半端無いストレスが極限に来たら約2ヶ月ある有給と代休を駆使してから辞めるつもりなので、休みに入ったら最近会ってない仲間から始まり会った事ないマイミクまでストレス発散の対象として誘いますので覚悟しておいて下さい。

何卒宜しくお願い致します。

でも出来れば年末の健康診断を受けるまでは粘ろうと思う。体想い。

■2001年

2001年の自分はまさか現在このような状況にいるとは思っていなかったであろうし、阪神が10連勝して首位にいるなんて。

オツカレーション。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大