読書感想部

■痛い遺体異体

2ヶ月ぶりにジムに行った2日前
2日後の今日にめちゃくちゃ筋肉TWO。
オハコンバンワ、ヒロックです。
歩くのが辛い。足も痛いし腕も痛い。今の僕は幼稚園児に確実に負ける。
幼稚園児にレイプされても抵抗できないだろう。
ここまでとは行かないがメタボンから解放されたい。

■再開

HUNTER×HUNTERが連載再開されるようですが最後に読んで1年以上経ってるので内容もすっかり忘れてしまってます。なんかドラゴンボールのセルみたいなんが出てたような。

■BOOK

同僚達と本の話になった。僕は読書は漫画だけだ。漫画意外で読んだ覚えのあるのは大槻ケンヂと室井滋くらい。リンダリンダラバーソールはオススメです。

小学校の頃の夏休み読書感想文は悲惨だった。あとがきを写経のように写して語尾の「です、ます」を「思った」に変換して書いた気になっていた。
先生に怒らた。
次の年は映画化されている小説を見て感想を書けば楽勝!とちっぽけな脳みそは歓喜。
銀河鉄道の夜(宮沢賢治)」がアニメ化されていたので見て感想を書いたのだが事もあろうに「猫が可愛かった、猫は自由だ」とアニメの絵の感想を書き先生に怒られた。
次の年どうしても読書をしたくなかった僕は実在しない本を脳内で作り完全にオリジナルサスペンスを妄想で書き綴った。
その感想が面白かったらしく先生にめちゃくちゃ褒められたのだが全てがばれて泣かれた。
最後の年は前回泣きながら怒られたのが利いたのか僕でも読める本を探していた。
やはり自分の1番好きな話や興味のある物語じゃないと最後まで読まないと小さな脳みそで判断し厳選して選び、初めて書いた感想文の本は「必殺ラリアット宣言 長州力」だった。

オツカレーション。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大