ファッション通信

■昼休み

いつ服装に気を使うようになった?の話から昔モード系て流行りましたよねの話になった。モード系て何て言われたら分からないのですがイメージ的に黒い系?
その背景にはヴィジュアル系と言われるバンドが流行っていた時代。
名前が出たブランドで気になったのがゴルチエ、ヴィヴィアン、20471120、beauty:beast、alice auaa、卓矢エンジェル。

機能性より見せるための服だから細身で超動きにくいです。拘束服のようで値段が高い。街中にゾンビのようなスローな動きで奇抜な人達がうじゃうじゃしてました。あの服全部高いんだよな。

今思えば何が良いのか全く分からないのですが似合うかそうでないか関係なく当時はそれが欲しくて堪らなかった僕も若者だったわけで。無理してゾンビになっていたわけで。アメ村とかではそれが通用しておりましたが、そこに行くまでの電車の中。益しては最寄の駅が「あまがさき」のような僕にとって刺さる視線が痛すぎました。
今でも忘れられないのは遠くから「つんく」と言われたことです。

■辿る

ブームも一瞬で去り古着やら無印やらユニクロやら動きやすし安しな時代が到来して今に至るわけですがあの時代を築いたブランドは今もあるのだろうか?と気になった。

ヴィヴィアンは消える事はないだろう。今でもある種カリスマ的な人気があるのを知っている。着ている人もよく見る。昔買ったヴィヴィアンは今でも充分着れるデザインである。

ゴルチエも多分大丈夫だろうと思っていたら日本からは撤退している模様。びっくり。

20471120のサイトを探すと活動されておりましたが当時の勢いが感じられず。
でも相変わらずヒョウマくんは元気に飛んでます。僕の家にもTシャツがまだございました。

beauty:beastも生きておりました。色々とコラボ等してるみたいです。ちょっと欲しいなこのTシャツがありました。

alice auaaと卓矢エンジェル。
僕は絶対に着れないですがコアなファンから支持されて健在。なんか我が道があってぶれてない。素敵。そう言えば先日もエンジェラー見たな。

■ヤフオク

当時の服は9割ヤフオクで売り飛ばしたのですが売れ残ったりまだ着れるかもと置いている服。押入れから取り出したら見事に虫に食われていた。
食われていたシャツ:6万円。

■大人計画

将来はどんな服を着ていたいかという話になり、リスペクトする大人を見習う。
「高田純次や大竹まこと」or「所ジョージや奥田民生」がカッコイイと思う。

オツカレーション。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大