ああ、女神さま

おしっこしたい。でもトイレ行くのがめんどくさい。
おはこんばんわ、ヒロックです。

mixiでメールが届いてました。誰だろう?て思いながらメールを拝見。

僕は3年くらい前にバイトで某東京のサイトで消費者生活という日記を4ヶ月間程書いていおりました。
消費者生活とは名ばかりの性癖日記でした。
どうやらそれを見てた人が消費者生活日記終了後もこのサイトを発見してて3年くらいずっと見ていたらしい。
嬉し恥ずかし見られっぱなし。覗かれっぱなし。覗かれるより覗きたい。凄いよネット社会。繋がる繋がるワールドワイドウェブ。
そんな僕も実は3年くらいずっと見ていた某サイトの人をmixiで発見してマイミクしてもらったりしている。
覗いてる方が好き。OTOGAIさんにmameさん。

先日我が家にてVJチームが集まり朝まで映像素材を作っていた。
各自ノートPCを持ち合わせ5台のPCが狭い部屋に並べられ個々に作業する姿は何ものにも例えようのない気持ち悪さである。
その作業中、深夜2時くらいに僕は猛烈な腹痛に襲われウンコさんをする為にトイレへ。
トイレの中であまりの腹の痛さに「ごめんなさい!すいません!」と神様に心の中で叫んでいた。
なぜ謝罪?
沈黙のトイレの中黙々と祈り続けていた時、何処からか声が聞こえてきた。

「あぁぁぁぁあ・・・あ」

耳を疑った。

神からの返答が。いや、でもこの声質は明らかに女性だ。そうか、女神か!俺の祈りは女神に届いたのか!とアホな妄想を抱きながら耳をすました。
トイレの窓から聞こえる。正確に言うとトイレの窓開けたらすぐ隣のマンションの部屋でその部屋の窓らへんから聞こえる。
もうね、凄い素敵な喘ぎ声。凄いの。凄いを通り越して素晴らしい。完璧。
あれだけ痛かったお腹の痛みを忘れるくらい完璧。女神すごいよ。そんな女神をスゲー見たい!ていうか覗きたい!とトイレの窓を全開に解き放ち声の聞こえる方に目を向けた瞬間に声は聞こえなくなった。逝きましたかい。
女神は天に昇ったようで。覗けなかった。
それ以来夜中にトイレに行くことがめんどくさくなくなりました。
オツカレーション。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大