100円

サマソニが終わって現実に戻された。僕の夏は終わった。短い夏だった。
ついでにボクの人生も終わらせてみようか。
短い人生だった。でもやっぱりもうちょっと生きてみようと光の速さで心変わり。
まあイイではないか夏だし。みんな馬鹿みたいに浮かれてたし。
ビーチでスイカ割りしたりアホみたいに酔っ払うのもOKな夏だった。
そう、もう夏では無い。僕の夏が終わったのだから世間の夏も終わったのだ。
まだ夏を楽しみたい人たちには悪いがボクの気ままさで夏を終わらせてしまい申し訳ないと思うよ。
マジで。でもそろそろ食欲の秋に向けて切磋琢磨しようではないか。暑いよりは涼しい方がいいだろうし。
だからもう長袖が必要だろう。
それで昨日近所の古着屋に行ってアディダスのナイロンジャケット買ったんだわ。
値札には2500円。更に100円まけてくれたから2400円。LUCKY。
で嬉しくて早速着て仕事に行ったらポケットに100円入ってた。超LUCKY☆
さすが古着だ。
ておいおい!ちょっと待て!浮かれるな!古着だからってポケットの中身そのままって?
店員はちゃんと陳列する前に調べなるのが筋ってもんじゃないか?
これが100円だから良かったが。
シュミレーションしてみよう。
もしだ。仮にだ。ポケットの中からおっさんがでてきたら。
小さな小さなおっさんが出てきたら。体育座りとかして出てきたら。しかも微妙にエスパー伊藤に似ていたら。
どうしようもない驚きでボクはおっさんを瞬間に握り潰してしまうであろう。
そしてどうしようもなくボクは嫌な気分になるのであろう。
でもその嫌な気分に快感を覚えたりしてハードなSの道に走りサイコパスな人になってしまうかもしれない。
どうだ。完璧なシュミレーション。
まだあるぞ。
もしカツラが入っていたら、この古着の前の持ち主はキダタロー!
てこんな事にならないようにも商品の陳列の前にはしっかりと調べて欲しいです。
オツカレーション。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大